1. HOME
  2. スポット情報
  3. 大庄屋諏訪家屋敷

大庄屋諏訪家屋敷

大庄屋諏訪家屋敷
  • 赤野井観る[歴史]
    • [史跡・名勝・庭園]

【市指定文化財】

諏訪家に残る系図によると、諏訪家は永正(えいしょう)年間(1500年ごろ)に、諏訪左近将監(さこんしょうげん)長治(おさはる)(小笠原貞朝次男)が信州より来たことに始まると伝えられていますが、確かなことは分かっていません。諏訪家の事がはっきりとわかるようになるのは、江戸時代に入ってからのこととなります。

諏訪家がある赤野井村は元和(げんな)9年(1623)に成立して幕末まで存続した淀藩(よどはん)の近江国内での飛び地領地でした。諏訪家は、淀藩(よどはん)領で「大庄屋」をつとめ、代々農民の指導者となってきました。明治維新後、諏訪家当主諏訪安(やす)明(あき)は、大津県につづき滋賀県に出仕し、その後、初代野洲郡長に任命、その子安(やす)敬(たか)も玉津村長に選任されるなど、地方自治にも功績を尽くしてきました。

茶室、土蔵、苔のむす庭園など、大庄屋の屋敷建造物が当時の形で残されています。

広大な敷地には江戸時代の庄屋屋敷の特徴が残された母屋や書院、茶室、土蔵などがあり、まるでタイムスリップしたかのようです。

 

詳細情報

所在地 滋賀県守山市赤野井町171
アクセス 【電車・バス】JR守山駅から近江バス木の浜線「赤野井別院」下車徒歩5分
お問い合わせ 守山市教育委員会
077-582-1156

アクセスマップ

イベント情報

開花情報

新庄町コスモス園
新庄町コスモス園
新庄町では少しずつコスモスが咲き始めました。見頃は9月下旬頃の予定です。
( 09/17現在)
今浜町コスモス畑
今浜町コスモス畑
数本でございますが咲き始めたコスモスを見ることができます。見頃は今後の天候次第ですが、9月下旬頃からと思われます。
( 09/17現在)